当院の理念・医師紹介

当院の理念

患者さんに「よかった」と思っていただける診療を

患者さんに「よかった」と思っていただける診療を
「むし歯=すぐ削る」ではなく、将来も歯を健康に保てるような治療を提供しています。「あの時治療をしてよかったな」と思っていただけるよう、患者さんの将来に繋る治療を心がけています。ベースは、歯を削る範囲を少なくするM.I.(ミニマル・インターベンション)治療です。なるべく削らず、広い範囲であれば2回に分けて丁寧に削り、小さな詰め物で済むように努めています。

初めての方へ

当院は予約制となります

当院は予約制となります
お待たせすることがないよう予約制とさせていただいております。 まずは、お電話で症状やご都合などをお聞かせください。診療状況によってはお待ちいただくことがございます。 急患には随時対応しておりますので、痛みがある場合にはすぐにお電話ください。

各種保険を取り扱っています

保険診療をメインとしています。自費診療が必要な場合には、治療内容を説明し、ご相談させていただきます。

医師紹介

院長:山崎喜範(やまざき よしのり)

院長:山崎喜範(やまざき よしのり)
はじめまして。山崎歯科医院院長の山崎喜範(やまざき よしのり)です。
父が歯医者で、幼い頃から歯科が身近にある環境だったため、迷わず歯科大学に進みました。大学卒業後は、総合病院の歯科口腔外科のオーラルメディシン・口腔外科講座に所属し、病名が特定できない疾患に対して口腔内検査を行い診断していました。当院では、診療に口腔内検査を取り入れ、不定愁訴などでお困りの方の原因特定に努めています。
また、一生自分の歯でおいしい食事を召し上がっていただけるよう、M.I.(ミニマル・インターベンション)の考えをベースにし、なるべく削らない治療を心がけています。痛みの緩和のため、低周波治療器を使った顎関節症の治療にも力を入れています。
地域のかかりつけ医として、大学病院に行くほどではないけれど原因がわからずに不安という患者さんの受け皿となれるような歯科医院を目指しています。お口の中全般のことで気になることがありましたら、ぜひ当院に相談していただきたいと思います。

経歴

2001年 東京歯科大学卒業
2001年~2013年 東京歯科大学
オーラルメディシン・口腔外科学講座
東京歯科大学 市川総合病院 歯科・口腔外科 所属
平成22年 山崎歯科医院副院長
令和元年 山崎歯科医院院長

所属学会ほか

  • 日本口腔診断学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本口腔内科学会
  • 日本老年歯科医学会
  • ドライマウス研究会

副院長:山崎 喜之(やまざき よしゆき)

「よく噛み、健康な体をつくる」をモットーに、患者さんのお口の健康管理を行っています。むし歯や歯周病以外にも、顎や口の中(舌や頬など)に違和感がありましたらご相談ください。

経歴

1970年 東京歯科大学卒業
1971年 山崎歯科医院継承
1971~1987年 養育院付属病院(現:東京都健康長寿医療センター)歯科口腔外科非常勤
1987~2005年 東京都多摩老人医療センター(現:多摩北部医療センター)口腔外科非常勤

お問い合わせは
お気軽に

江東区南砂でお口のことでお困りでしたらご相談ください。
一般歯科・口腔外科・顎関節症・訪問診療

pagetop