TOPページ > 顎関節症

顎関節症

顎関節症とは

イメージ画像

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎の関節や周囲の筋肉に異常が発生し、口の開閉等に異常を呈する症状の総称です。症状の大小はありますが、人生のうちに一度は顎関節症を発症する確率は、およそ2人に1人と言われているほどに発症率が高めな病気です。
お口の開閉に違和感がある方は、まずは南砂の山崎歯科医院にお気軽にご相談ください。


顎関節症の症状

イメージ画像


顎関節症の症状としては、最も大きなものは「顎関節痛」「顎運動障害」「顎関節雑音」の3種類です。
口を開けると痛い、口が開けづらい、口を開けるときや噛むときに異音がするなどの症状があります。その他、眼や耳の痛みや頭痛や肩こりといった症状も一緒に出ることがあります。頭蓋骨に影響がでることもあるため、場合によっては自律神経失調症やうつ病の原因となる可能性もあります。

顎関節症のよくある症状

・顎関節の疼痛・顎関節の運動障害
・顎関節の運動時の異音
  (ゴリゴリした音・カチカチした音)
・耳の痛み
・耳の閉塞感・難聴
・眼精疲労・めまい
・頭痛・首や肩のこり
・自律神経失調症・うつ病

顎関節症の原因

イメージ画像


顎関節症は「かみ合わせの悪さ」や、それに「姿勢の悪さ」「歯ぎしりや食いしばりの癖」「過剰なストレス」といった要素が重なることで発症します。また、単純に事故や怪我による物理的な要因も考えられます。様々な要因があるため医師による正しい診断が重要です。


顎関節症の治療方法

イメージ画像


顎関節症の検査では触診検査だけでなく、X線による画像検査によって顎骨の状態を調べます。顎関節症の治療においては、原因となる症状を取り除くことが第一です。
例えばかみ合わせが悪い場合には、正しく咬合するように調整したり、矯正を行うこともあります。
現状で発生している痛みに対して痛み止めなどの症状の緩和します。姿勢等の生活習慣に原因が認められる場合、「どんな習慣が顎関節症に良くないのか」を理解し、指導を行うことで再発の防止を行います。