TOPページ > 歯周病

歯周病

歯周病について知っていますか?

歯周病とは

イメージ

江東区南砂の山崎歯科医院では、歯周病の予防に力を入れております。
「歯磨きの時に、歯ぐきから出血する」「歯ぐきが腫れている」このような症状がある場合は、歯周病かもしれません。
歯周病は、歯周細菌が歯ぐきに入り込み炎症が起こる病気です。そのまま放っておくと、歯ぐきだけでなく、歯を支えている顎の骨にまで炎症が起こり、歯を失ってしまうこともあります。日本の30代の8割は歯周病にかかっていると言われています。
歯周病は早期発見、早期治療が重要です。症状が気になる方は、ご相談ください。


歯周病で歯を失う

イメージ

歯を失う原因で1番多いのが歯周病です。特に30代以上になると歯周病が進行している場合があり、将来的に歯を失うリスクが高くなります。日頃からしっかりケアを行うことが重要です。


歯周ポケットについて

イメージ

歯周ポケットという言葉は、耳馴染みがあるかと思います。
歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの間にある溝のことです。歯周ポケットは、健康な状態だと0.5〜2mm程度の深さです。この歯周ポケットが4mm以上だと歯周病、6mm以上は重度の歯周病になっている可能性が高く、歯周ポケットが深くなると、細菌が繁殖しやすくなり、歯石もできて炎症をさらにすすめてしまいます。


歯周病チェックシート

下記の項目の中で当てはまるものが1つでもある場合、早めに歯科医院で診察を受けましょう。

歯ぐきが赤く腫れている 歯と歯の間に隙間ができた
ブラッシング時に出血する 口の中がネバつく
歯がぐらつく 口を開けたまま寝てしまう
歯ぐきがやせてしまい、
歯が長くなった気がする
口臭が気になる

歯周病の進行段階

イメージ

歯周病の進行には、歯肉炎→軽度歯周病→中度歯周病→重度歯周病という段階で進行をしていきます。

歯周ポケット0〜2mmの場合健康で問題ない歯ぐきであるか歯肉炎であることが多い
歯周ポケット2〜4mmの場合歯周病の初期段階
歯周ポケット4〜6mmの場合歯周病の中期段階
歯周ポケット6mm以上の場合治療に時間のかかるほど進行してしまった歯周病

健康な歯肉

イメージ

健康な歯肉は、淡いピンク色をしています。歯周炎にならないように、毎日のブラッシングと定期的な歯科医院でのクリーニングを行いましょう。


歯肉炎

イメージ

歯磨きの際などに歯ぐきから出血します。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり、歯周細菌や歯石が溜まりやすくなります。炎症が進行しないように、早めに治療と予防を始めたほうが良いでしょう。


軽度の歯周病

イメージ

歯肉炎から更に炎症が進行し、歯周ポケットの深さ4mm程度になっていることがあります。
歯ぐきが腫れ、出血だけではなく、冷たい水がしみたり、口臭の原因となります。
顎の骨に感染が広がらないように歯科医院で歯周病治療を受けましょう。


中程度の歯周病

イメージ

歯ぐきの腫れが増して、ブヨブヨした状態となります。歯周ポケットの深さは4〜6mmになり、歯肉も痩せるため、歯が長くなったように見えます。顎の骨にまで感染が広がっている場合があり、歯を押すとグラつくことがあります。このまま放っておくと歯を失ってしまうので、早めに歯科医院で治療を受ける必要があります。


重度の歯周病

イメージ

かなり歯周病が進行した状態です。歯周ポケットの深さは6mm以上となり、歯のグラつきが大きくなります。出血だけでなく、膿が溜まったり、口臭がきつくなったりします。
他の歯にも影響をあたえる可能性があるので、早急に治療が必要ですが、最悪の場合歯を抜かなければなりません。


歯周病の原因

生活習慣

イメージ

下記のような生活習慣は、歯周病を誘発するとともに悪化させてしまいます。

1 歯を磨かない
食べかすなどによって、歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病になりやすいです。
2 タバコを吸う
タバコを吸うと血行が悪くなるので、歯を支えている組織に悪影響がでてしまい、歯周病の進行につながります。
3 ストレスが多い
ストレスが多いと、抵抗力が下がり、歯周細菌による炎症が進みやすくなります。
4 歯ぎしり・噛み締め
歯ぎしり、噛み締めは、顎に強い力がかかります。その結果歯肉が弱くなって歯周病の進行が早くなってしまいます。
5 口呼吸である
口呼吸になっていると、お口の中が乾燥し、歯周細菌が繁殖しやすい状態になります。
6 栄養が偏っている
栄養バランスが悪くなると、体の抵抗力が下がり、炎症などが起こりやすくなります。

糖尿病との関係

イメージ

糖尿病の人は、歯周病にもなりやすい傾向があります。
糖尿病になると、体の抵抗力が落ちたり、口の中が乾燥しやすくなったり、歯周病にかかりやすい条件が揃いやすくなることが要因です。そのため歯周病の進行も早くなるため、早期発見、早期治療が重要です。


歯周病の治療方法

ブラッシング指導

初期の歯周炎の段階では、正しいブラッシングを行うことで、症状が改善する場合があります。歯科衛生士がブラッシングの方法をお伝えいたします。

スケーリング(歯石取り)

スケーラーという器具を使って、歯石の除去を行います。歯石があると歯周細菌が繁殖しやすくなり、歯周病が進行しやすくなるので、定期的に歯科医院で歯石の除去を行う必要があります。

ルートプレーニング

歯周ポケットの深いところにある歯石を除去する方法です。歯周病がある程度進行し、歯周ポケットが深くなると、必要になる治療方法です。

歯周ポケット掻爬(そうは)術・フラップ手術

スケーリング、ルートプレーニングでも取れない歯石を取り除くために、麻酔をかけて、歯肉を切り開き、歯石や膿などを除去します。

薬物療法

重度の歯周病によって破壊された骨は、自然に再生することはございません。歯を支えている組織が失われてしまった部分には、再生を促進する薬剤を塗り、健康な歯周組織を取り戻します。

歯周病の予防方法

正しい歯磨き

イメージ

毎日歯磨きをしていても正しく磨けていなければ、歯周病になることがあります。
一人ひとりのお口の状況にあわせた、ブラッシング指導で正しい歯の磨き方を身につけることは歯周病予防において、とても重要な事です。


定期検診

イメージ

正しい歯磨きを行っていても、歯石や汚れは完全に取り除くことはできません。
定期的に当院へお越しいただき、PMTCなどによって歯石の除去や汚れを落として、健康的なお口の状態をキープしましょう。